MENU

ニートでも就職が成功する方法は、コミュニケーション能力を高める!

ニートでも就職が成功する方法は、必要な条件はいくつかありますが、もっとも重要な事として他人とのコミュニケーション能力を高めることが必要です。
世の中というのは自分一人で回っている訳ではなく、多くの人達の力によって回っています。

 

そして個々が社会の歯車として機能しているのが社会の仕組みです。
その潤滑油として機能しているのが言葉でありコミュニケーションなのです。

 

従って自分以外の人との対話が上手くいかない事で、ニートになってしまった人は多くいますし、これが大きな要因になっている場合もありますので、先ずは対話力を身に着ける必要があります。では対話力を身に着ける為にはどうしたら良いのかというと、まずは人の話を聞くことから始めます

 

人の話をじっくり聞いてそこから自分なりの意見を紙に書きだしてみるのです。
思っている事を紙に書くことはメンタルトレーニングにおいても大変効果的な訓練ですので、口下手な方や自分の思っている事を伝えるのが苦手な方はおススメです。

 

多くのニートが就職後にこの対話力が未熟である事から、誤解を招き職場の人に自身のプライドを傷つけられる経験をしています。
同じ轍を踏まない為にも社会性を高める為にコミュニケーション能力を上げる訓練をする必要は十分にあります。

 

組織の中で対話がある組織は業績の伸びも早く、逆に以心伝心を奨励する組織は業績以前に人間関係がギスギスします。

 

言葉とは組織の中で人を動かすうえでも、人に動かされる上でも大変重要なコンテンツであり、この対話力を身に着ければ再びニートに舞い戻る事はまずないでしょう。


ニートでも就職が成功する方法は、困難にも負けない心を持つ訓練をする!

ニートでも就職が成功する方法は、具体的に生活など見直すことは必要でしょうか?
長期間、自宅の自室で閉じ籠った生活を続けていると外部との接触がない事から異なる価値観と接触することが出来ず、価値観が凝り固まってしまい、自分の価値観が世の中のすべてと錯覚してしまいます。

 

ところがその状態で外部に出た時、自分の価値観と社会の常識のギャップに苦しむことになり、また引きこもりに戻ってしまうのです。
これがニートがニートから脱出できない最も大きな要因であり、安定した就職を難しくしている大きな要因と言っても過言ではありません。

 

 

つまりニートが一度社会復帰しても、またニートの壁に戻ってしまうのは社会のルールに馴染めない自分自身の問題であるといえます。

そしてそれは就職後の社会のルールに馴染めないからではなくて、社会に馴染もうとしていない事受け入れようとしていない事原因として挙げられます。

 

つまり自分で問題にぶつかっても誰も助けてくれませんので、どこまでいっても自分で解決する問題なのです。

 

その為には就職後にどのような組織社会が待ち構えているのかを予め調べ、人間関係をどのように構築していくのかをシミュレーションし、困難に立ち向かえるだけの強い精神を持つことが重要です。

 

一度組織に組み込まれたら灰汁まで、自分の意見は多数の中の1つの意見でしかない事や、100%尊重される意見でない事を肝に銘じて組織の中で働く必要があります。

 

引き籠っていた時は自室で絶対的だった自分の世界は実社会では全く役に立ちません。

それをしっかり受け入れ、他社とのコミュニケーションの中から協調性を学ぶ必要があります。


ニートでも就職が成功する方法は、働く上で謙虚さと素直さは必要!

ニートでも就職が成功する方法は、まず今の自分を受け入れることが大切です。

 

ニートの多くは外部との接点を一切断ち切った絶対的安全圏の中で長い時間過ごしてきたことから、他人と強調するという部分が未熟です。
従って我儘で自分勝手に振る舞うことが多くあります。

 

しかしそれは就職すると社会性を見に付けていない人と見られ、非社会的な人だとレッテルを張られます。

 

就職し社会人として働く上で絶対に不可欠なものとして自分は仕事が出来るとか、何でも才能があるといった根拠なきおごりを捨て、組織の上の人の言うことにしっかりと耳を傾ける謙虚さと指摘されたことに対して受け入れることのできる素直さは何より必要です。

 

この2つの要素を持っているか持っていないかで、就職した後に上司に可愛がられるか嫌われるかがはっきり二分しますので、円滑な人間関係を形成していく上で、仕事以上に重要な部分かもしれません。

 

ニートはどうしてもこれまで接マイ世界の中だけで生きてきた為か、社会性が著しく欠落している人が多く見受けられ、その社会性こそが根拠なき自信からくるおごりであり自惚れなのです。

就職したら誰もが最初は初心者なわけですから、必死に仕事を覚える姿勢と真摯に仕事に取り組む姿こそが研修期間としての鏡です。

 

謙虚でなければ組織から疎ましがられ、またニートに逆戻りの可能性もあります。

 

謙虚さと素直さを身に着けるにはまず自分は何も知らない、生まれ変わったばかりの社会人だと思うようにしなくてはなりません。
もちろん驕りも自惚れもまったく捨てた心理状態で就職先の業務を学ぼうとする姿勢が脱ニート社会人としての第一歩となります。

 

 

ニートという言葉はここ数年で社会に浸透した言葉の一つで、英語のnot in education employment or trainingのそれぞれの頭文字を取ったNEETが語源で、意味としては15歳から15歳から34歳の年齢層で働かず、家の仕事もせずだからといってどこかで資格取得の勉強をするわけでもないただ毎日自室で好きな事をしながら過ごしている人達を指します。そしてこのニートが昨今大変な社会問題になってきているのです。ニートは社会に壁を作り家族とも壁を作って、完全に外部と遮断された自分だけの世界で生きています。

しかしそれは実家暮らしによって生まれる絶対的な安全圏の中で保証された時間であり、大人の自立とは程遠いものです。このニートが社会問題化したのはここ20年くらいの間で、当時は多くの若者が社会に出るも、社会というサバイバルな環境に馴染めずに落ちこぼれ、社会と隔離された生活を過ごすようになります。この背景としては2000年代前半多くの若者が未曽有の不景気の中で社会人として自立しようと努力するも、想像を超える業務に対して精神的にオーバーフローを起こし、自己防御システムが働き絶対的安全圏である自宅の自室に閉じこもることで外部から受ける精神的なストレスを回避するが、それに対して当事者を取り巻く家族が肝要に受け入れすぎてきたことが原因として挙げられます。つまり厳しい現実から逃げたけど、そのまま自宅の居心地が良かったら、そのまま働かず今日まで生きてきたというあくまで本人の問題が根源にあります。昨今このニートの自立に関して、様々なサポート体制が確立しつつありますが、それはあまり社会的に知られていないのが実情です。そこで今回はニートの社会的な自立支援と目標とする就職支援についてお話していきたいと思います。ニートの多くは元々社会人だった人も多い事から、就職に関しては自分に合った職業さえ見つければそのまま働き続ける事が出来るはずです。その見つけ方や、就職に必要なメンタリティについてなどニート脱出の手助けになるようなお話をしていきたいと思います。